sync.PoolでGolangのメモリアロケーションをチューニングする

Golangにおいて、パフォーマンス低下の問題になりやすいのがメモリのアロケーションです。 例えば、スライスを固定長でmakeしてアロケーションを一度で済ます場合と、appendで都度拡張する場合を比較すると、下記の差が出ます。